さて本日は青汁と便秘と言うテーマでお話をさせていただきたいと思います。

美容と健康のために青汁を始めてみたいと思いながらも青汁の青臭さが嫌だと言うことで躊躇してしまう方も多いと思います。

逆に青汁を飲むことで逆に便秘になってしまう?!

また口コミや周りからの前情報によって便秘を解消するために青汁を始めようと思っていても、逆に青汁を飲むことで逆に便秘になってしまうと言う方もいます。

ちょっと驚いたかも知れませんが、この現象は、元々便秘だった方においてはさらに便秘が悪化してしまうと言うことではありませんが、便秘ではなかった方が便秘になってしまう場合があります。

しかしこれは別に青汁が皆さまの体に悪さをしている訳ではありません。

原因は逆に薬が効きすぎてしまう事

そしてこの原因は意外なところにありまして通常の薬の服用時でもそうなのですが、薬が存在しなかった部位に急に薬が投入されると逆に薬が効きすぎてしまうと言うことがあります。

青汁にも同じ様なことが言えまして青汁の効能の1つに胃の消化を助けると言う物があります。

またこれは青汁に含まれている豊富なビタミンによって作用するものなのですが、青汁を飲むとそれまで血管に付いていたコレステロールが剥がれて急に血行が良くなる場合があります。

そうすると急に胃の働きが良くなりすぎてしまうのです。

これは薬が急に効き過ぎてしまったとも言い換えられますが、胃の消化が良くなったと言うことがその分消化活動も早まると言うことにもなりまして、内臓全体で見ますと胃の消化活動に対して腸の活動が追いついていないと言うことになるのです。

腸というのはポンプのような役割を果たしますので胃で消化された物を肛門まで運ぶ役目を果たしますが急に胃の中から消化されたものがどんどんやってきても一気には運べないと言うのが現実問題になります。

それでも便秘にめげずに青汁を飲み続けること

そしてこの解消方法といたしましては便秘にめげずに青汁を飲み続けることです。

これは青汁にも含まれている食物繊維が整腸作用も補ってくれます。食物繊維は胃で消化されずにそのまま腸に移動しますので胃に溜まった老廃物を押してくれる役目を果たします。

このように一見青汁を飲むと逆に便秘になってしまうと言う驚きの現象ですが、理由と対策を知れば納得が行くと思います。

ですので是非青汁生活を始めてみましょう。